炭水化物抜きダイエットを実践すると、確かに痩せる事ができます。でもなぜ痩せるのでしょうか?

おそらく多くの方は、炭水化物というカロリーの摂取を控えているのだから、カロリーオフした分だけ痩せて当然、と考えているようです。もちろんそれもあります、が、それだけではありません。

通常時と炭水化物抜きダイエット時での脂肪燃焼の違い

炭水化物抜きダイエットを行うと、脂肪が減りやすい状態になります。

炭水化物抜きダイエット時の脂肪の減り方は、通常の脂肪の燃焼のされ方とは少し違います。

通常時の脂肪燃焼

通常の、炭水化物も含んだ食事をした後は血糖値(血液中のブドウ糖)が上昇します。このときに余ったエネルギーが脂肪として溜め込まれます。

それから何時間も経過して血糖値が下がると、今度は脂肪(中性脂肪)が分解され、「糖新生」という方法でブドウ糖に作り替えられ、ブドウ糖は血液に乗って全身を巡り、エネルギーとして利用されます。

そして再び食事をすると血糖値が上がり、脂肪の分解および糖新生はストップします。

炭水化物抜きダイエット時の脂肪の減り方

炭水化物抜きダイエットを行っているときは食事からブドウ糖は入ってきません。しかし体にはエネルギーが必要です。特に「脳」にはブドウ糖が必要です。

そこで体は、上でも説明した「糖新生」をひたすら行って、ブドウ糖を作り続けます。糖新生とは、脂肪やタンパク質など、ブドウ糖ではないものからブドウ糖を作り出す機能です。

ブドウ糖がないと、人は生きられません。

体は「生きるための最後の手段」として、脂肪やタンパク質など、僅かでもブドウ糖が作れるものなら何でも利用して、どんどんブドウ糖を作り出そうとします。
(糖新生で作り出された貴重なブドウ糖は、優先的に脳や赤血球で使用されます。)

炭水化物が不足すると、なぜ脂肪が燃焼されやすいのか

かき

炭水化物抜きダイエットのような低血糖時には、糖新生でブドウ糖を作り出すための材料にするため、脂肪が分解されて、グリセロールと脂肪酸に分かれます。

でも糖新生でブドウ糖に作り替えられるのはグリセロールだけ、脂肪酸は糖新生のエネルギーとしては少し使われますが、余ってしまいます。

余った脂肪酸は、食事から入ってきたグリセロールと結合して中性脂肪として溜込まれるか、汗に混じるなどして体外に少々排出されます。

つまり、炭水化物抜きダイエットをすると、脂肪がエネルギーとして使われる分もありますが、外に「捨てる」分も少しはあるということになります。

確かに痩せますが、問題点があります

上記の通り、炭水化物抜きダイエットを行うと通常よりも脂肪が減りやすい状態になります。

でもなぜ、低血糖時以外には糖新生による脂肪燃焼がなされないのか?というと、糖新生によるブドウ糖産生は「生きるための最後の手段」であり、好ましくない状態だからです。

「ケトーシス」という危険な状態になります

脂肪が糖新生されてブドウ糖が作り出されるとともに、ケトン体という物質も作り出されます。このケトン体が厄介者で、多少の毒性を持ちます。

最初の方でも述べたとおり、「糖新生」は普通の食事をしていても空腹時(低血糖時)には起こり、ケトン体は作られています。

しかし炭水化物抜きダイエットをすると、ずっと糖新生をしている状態となり、ケトン体が作られ続けることに。

このケトン体が血液中に異常に多い状態を「ケトーシス」といいます。炭水化物抜きダイエットはこのケトーシス状態を強制的に作り出すダイエット方法なのです。

ケトーシス状態による健康被害は数多くありますが、ひと言で簡単に言うと・・・この状態が長く続けば死亡します。

炭水化物抜きダイエットは確かに痩せやすいです。しかし危険と隣り合わせだということを、忘れないで下さい。
(もちろん危険な理由は、これだけではありません)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です