いまだに衰えない人気の、炭水化物抜きダイエット。でも、大好きなご飯やパン、パスタやラーメンを毎日我慢し続けるのは、個人差はあってもやっぱりツライものです。

それでもトライする人が多いのは、やはりダイエット効果が目に見えて現れやすいからだといえるでしょう。

では、炭水化物抜きダイエットはなぜ痩せるのか、本当に長く続けられて効果的なダイエットなのか、その理由やメカニズムについてみてみましょう。

痩せる理由

痩せる理由炭水化物抜きダイエットは、確かに痩せられます。

その一番の理由はやはり、食事で摂るエネルギー(カロリー)の半分以上を占める「炭水化物」を摂らないことによる、大幅なカロリーセーブです。

最初の頃はみるみる痩せる…というより、「体重が減る」と言った方が正しいかもしれません。

なぜなら!最初にどんどん減るのは脂肪よりも「筋肉」だからです。筋肉はタンパク質でできていますが、その7割は「水分」です。筋肉のタンパク質が少し減ると、それとともに水分も大幅に減るので、「体重」が軽くなるのです。

脂肪もちゃんと減ります。でもその脂肪が減る理由にこそ、このダイエット方法が危険といわれる原因があるといえるでしょう。

どれくらい痩せる?

身体には?どれくらい痩せるか?といえば、スグに痩せます!かなり痩せます!ということができるでしょう。

ただし、「一時的には・・・」という言葉を付け足さざるを得ません。

炭水化物抜きダイエットは続けると健康を害してしまうので、長期的に行うことはできず、いつしか断念せざるを得ないときが来ます。

しかもそのときには「太りやすい体」になってしまっているので、結局はダイエット開始前よりも太ってしまう可能性が高いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です