血行不良

炭水化物抜きダイエットで糖質が不足すると、血液にも大きなリスクを与えてしまう事実をご存知でしょうか。

糖質が不足すると、たんぱく質(アミノ酸)を分解して、ブドウ糖を作りだそうとします。そうなると、アミノ酸も不足した状態になり、体内で本来の役目を果たせなくなります。

血行不良アミノ酸は、血液や筋肉、毛髪を作り出すために不可欠な物質です。また、アミノ酸は、基礎代謝を高め、血液の循環を良くする役割も持っています。

これが不足すると血液を作り出すことができないばかりか、血行不良も招いてしまいます。

また、炭水化物以外なら、あとは何でも好きなだけ、というダイエット法では、ガッツリした高脂肪・高たんぱくな食事を、ついつい食べ過ぎてしまいます。これによって血管内に悪玉コレステロールが溜まり続け、血液をドロドロにしてしまいます。

血行不良が招くリスク

血行不良

血行不良になると基礎代謝が低下して、脂肪の燃焼効率も悪くなり、体温も下がってしまいます。

酸素や栄養素は、血液を通して各部位に運搬されます。血行不良になると、これらが全身に行き届かなくなってしまいます。また、老廃物や毒素の排出が遅れ、血流をさらに妨げてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です