炭水化物抜きダイエットというダイエット方法が、何年か前に流行りました。効果が目に見えて痩せられることからTVや雑誌などメディアでも取り上げられて、実践している人も多かったですね。

しかしその後、医師など専門家からもこのダイエット方法の危険性が指摘され、実際に健康被害が出たという人も少なくないようです。

それでも、「痩せられる」ということは体形の気になる人たちには魅力的なようで、今でも実践してる人もいらっしゃるようです。

そんな方たちに、

  • 炭水化物抜きダイエットの危険性と、
  • オススメできない理由、
  • それでもやるなら正しい(危険の少ない)やり方で、

ということをお伝えするサイトです。

炭水化物抜きダイエットについて

炭水化物抜きダイエットこのダイエット方法は、「炭水化物さえ摂らなければ、あとは何をどれだけ食べても良い」という、とても簡単で夢のようなやり方です。

ご飯や甘いものが食べられないというのは少々キツいですが、他のものならお腹いっぱい食べられるので続けやすい方法ですね。

やり始めると実際に体重が落ちて効果が目に見えるので、高い人気があるようです。

しかし実際はとても危険なダイエット方法で、5大栄養素の一つである炭水化物を抜くことで体に様々な不良を起こしてしまいます。炭水化物という栄養素は他の栄養素と同様に、「体にとって必要なもの」なのです。

また肌や髪の美しさも失い、挙げ句の果てには太りやすい体質に変化するという副作用を併せ持っています。

炭水化物とは何か

炭水化物とはそもそも、炭水化物とは何なのでしょう?

炭水化物は「糖質」と「食物繊維」

「炭水化物って糖質のことでしょ?」それでほぼ正解です。
が、もう一つ、「食物繊維」も炭水化物に含まれます。

  • 「糖質」は炭水化物。
  • 「食物繊維」も炭水化物です。

「糖質」は主に体内でエネルギーとして働きます。ブドウ糖(グルコース)や果糖(フルクトース)が有名ですね。特に、ブドウ糖は脳や血液(赤血球)で使われるエネルギーですので、不足させてはならない栄養素です。

「食物繊維」には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。糖や脂肪の吸収を穏やかにしたり、余分な脂肪を絡め取って身体の外に排出する手助けをしてくれます。腸内の悪玉菌を減らすことにも役立ちます。

炭水化物は5大栄養素の一つ

炭水化物はタンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルとともに5大栄養素の一つに数えられ、生命を維持する上で欠かしてはならない重要な栄養素です。

炭水化物:脳や赤血球の主なエネルギー源。筋肉や臓器などのエネルギーとしても使われる

脂質:筋肉や臓器のエネルギー源として使われる。脳や赤血球のエネルギーとしては働けない

タンパク質:肌、臓器、筋肉など身体の殆どを構成する物質

ビタミン:栄養素の働きを助ける

ミネラル:身体の調子を整える

ブドウ糖の役割

炭水化物(糖質)を摂取すると体内でブドウ糖などに分解されます。

ブドウ糖(グルコース)は血液の流れに乗って体中に運ばれて、エネルギーとして使われます。

使われなかったブドウ糖は、「脂肪」として体内に貯蔵されます。

ダイエット効果

体重が落ちる炭水化物を抜くと、どうして痩せるのでしょうか。

太る原因の「糖質」を摂取しない

まず、なぜ太るのか?というと、食事から摂取したエネルギー(カロリー)は体中で消費されますが、余った分は「脂肪」などに変換されて、溜め込まれます。つまり摂取カロリーが消費カロリーより多いから太る、という訳ですね。

この「摂取カロリー」の60%を占めるのが、炭水化物です。

いつもの食事から炭水化物の多い食材を抜くだけで、摂取カロリーを半分に減らせてしまうわけです。

まず「筋肉」が減る

炭水化物抜きダイエットをすると最初に減り始めるのは筋肉です。

筋肉にはその7割もの水分が含まれているため、筋肉が少し減るだけで水分も大幅に減少し、体重がみるみる減っていくのです。

炭水化物抜きダイエットを始めると、2~3キロはすぐに落ちます。しかしその大部分は「水分」であり、大切な「筋肉」です。

体重計を眺めてニヤニヤしている場合ではありません。

炭水化物抜きダイエットのやり方

炭水化物抜き やり方炭水化物ダイエットと一言でいっても、やり方は様々です。

一般的なやり方

一般的によく言われているやり方は、
「炭水化物を抜けば、何をどれだけ食べても良い」というものです。

アトキンスダイエット

炭水化物抜きダイエットのやり方は様々、でも元々はアメリカのロバート・アトキンス医師が開発した「アトキンスダイエット」が元ネタとなっていて、アトキンスダイエットには正式なやり方が存在します。

でもこれを実践していたアトキンス医師自身が、健康を大きく害しています。

オススメの(正しい)やり方

上記のやり方ではやはり、痩せても健康を害する危険があります。そしてやめれば激しいリバウンド、という結果が待っている可能性が高いです。

ですので当サイトで は、炭水化物を
「抜いたり、極端に減らす」のではなく
「摂りすぎないようにしたり、控えめにする」
というやり方を「正しいやり方」として、どうしても実践したい人にはオススメしています。

主食は抜かずに、「減らす」

炭水化物は抜いてはいけません。野菜などにも少しは含まれているので、それで十分では?という考え方もありますが、それでは栄養のバランスが悪いです。少しでもいいので、主食となるご飯やパンは食べるようにしましょう。

食事は1日3回以上

1日に食べる量が同じなら、1回でも3回でも同じ・・・ではありません。

特に糖質(炭水化物)は、
一度にたくさん摂ると余って脂肪になります。
足りないと身体が悲鳴をあげます。

ですので、ブドウ糖(糖質)が

  • 血液中や貯蔵庫(肝臓)から枯渇しないよう、
  • また余りが出ないよう、

少しずつこまめに摂るといいですよ。

副作用があります

このダイエット方法は危険とお伝えしましたが、それはいろんな副作用があるからです。

体の調子を壊してしまう脳が働かない

炭水化物は脳で使用されるエネルギーです。不足すると脳が働きません。頭がボーッとしたり、悪い場合は脳機能障害を起こしてしまいます。また、イライラしてストレスが溜まります。

お肌や髪も栄養不足に

またエネルギー不足の解消のために、脂肪からだけでなく、体の中にあるタンパク質からも分解してエネルギーを得ようとします。

そのためタンパク質でできている肌や髪は十分な栄養を得ることができず、美しさを失ってしまいます。

もちろん肌や髪など「目に見える部分」だけではありません。私たちの身体は、水分を除けば殆どがタンパク質でできています。
たとえば臓器を修復したい・・・でもその材料であるタンパク質が足りていない状態・・・怖いですよね。

生命の危機、ケトーシス状態に

炭水化物を食事から抜くとブドウ糖が不足し、脳が働けなくなります。もし脳が停止したら、死んでしまいますよね?

この危機を回避するために、脂肪から「ケトン体」という物質を作り出します。ケトン体は脳のエネルギー源として使うことができるので、これでなんとか命をつなぎ止めることができます。

問題はこの「ケトン体」です。

ケトン体が血液中に多い状態を「ケトーシス」といい、身体にとっては好ましい状態ではありません。

口臭や体臭がいやなニオイになる

ケトン体はツンとした嫌なニオイがする物質で、体臭や口臭がキツくなってきます。

健康維持の妨げに

最も危険視されるのは、体の健康維持の妨げとなってしまうことです。

血液は普段、弱アルカリ性に保たれているのですが、ケトーシス状態になると血液が酸性に。するとウィルスや細菌などから身体を守る免疫機能が低下したり、癌をはじめとする様々な病気にかかりやすくなるといわれています。

ちなみに、このダイエット方法の原形を作った医師であるロバート・アトキンスさんは自らもアトキンスダイエットを実践していましたが、転んだだけで骨折し骨密度65%の骨粗鬆症と判明、死亡時には心臓病を患っていたそうです。

継続は不可能→やめるとリバウンド

このダイエットは病気や体調不良など様々な理由で、続けることが困難になってきます。いつかはやめざるを得なくなる時が来るのです。

すると、すっかり太りやすくなった体はどんどん脂肪を蓄えます。炭水化物抜きダイエットを始める前よりも太ってしまう結果になってしまうかもしれません。

では、どんなダイエットがいいのか?

ダイエットが続かない上でも述べたように炭水化物抜きダイエットは当サイトからはおすすめできません。なぜなら、

  • 炭水化物を抜くのはツラく、
  • しかも健康を害する可能性が高い。
  • 続けることが困難になり、やめたらリバウンドで前より太る

という理由からです。

基本的には、

  • バランスのとれた食事
  • 適度な運動
  • 規則正しい生活

をオススメしたいところですが、

  • 腹八分目じゃ我慢できない
  • おやつも食べたいし、お酒におつまみも
  • 運動は疲れるし面倒

などの理由で、ダイエットを始めてもなかなか続かないという人も多いのではないでしょうか?

「そもそも私は太りやすい体質だから…」と半分あきらめてしまっている人もいらっしゃるかもしれません。でもその「太りやすい体質」は、炭水化物抜きダイエットのような「間違ったダイエット方法」を繰り返すことで、自分で作り上げていることが多いです。

当サイトのおすすめダイエット方法

おすすめダイエットいろんなダイエット方法がありますが、人それぞれ向き不向きがあって、全ての人に向いているダイエット方法というのは、なかなかありません。

しかも、効果の高いダイエット方法ほどツラかったり、お金が掛かったりと長続きしにくい傾向にあります。

せっかくツラい思いをして痩せても、その体型がご自身の「標準体型」として体に定着するまでは少しずつでも続けないと、また元の体型に戻ってしまいます。

ですので、「長く続けやすいダイエット方法」であることが重要です。
もし「短期間ダイエット」に挑戦したとしても、痩せた後の「長続きするダイエット方法」は準備しておきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です